BIOGRAPHY

Raised in a multicultural environment, BENI DANIELS always strived to find a way to bridge the different cultures and values she was brought up with. Being fluent in both Japanese and English, she began her career by establishing herself as a musician in the Japanese market under the name “BENI.” Currently, she is embarking on the next phase of her career under her full name “BENI DANIELS” by writing and performing music in her native language of English with the intent of reaching a broader, more international audience. Her debut EP, “MADE IN LOVE” releases on September 30th, 2020.

 

メジャーレーベルに所属し15年のキャリアを持つ“BENI”がアメリカ国籍の名前“BENI DANIELS”として世界に向けての活動をスタート。

アメリカ人の父と日本人の母を持ち、沖縄で生まれ育ったBENI DANIELS。

日本文化とアメリカ文化がミックスされた環境で育った彼女が、もう一つの母国語である英語で作詞を行い、世界に向けての音楽制作・活動をスタートさせる。

その第一弾として2020年9月30日(水) 1st EP『MADE IN LOVE』をリリース。

我が子へ向けた楽曲「Made In Love」を始め、今シーズンからメジャーの挑戦が始まった筒香選手への応援ソング「Do It」、Devin Morrisonを迎えたデュエットソング「UI」、Maika Loubté制作の「New Language」、JANET JACKSON「That's The Way Love Goes」をカバーした楽曲など”BENI”との作品とはまた異なった”BENI DANIELS”にしか表現できない作品となる。
 

© 2020 Beni Daniels  All Rights Reserved